「業務は、第二の営業所責任者」。
小さな気づきも、積極的に
営業所づくりに活かしたい!

高田 絢女 (2016年入社)
営業事務

営業サポートから営業所の風土づくりまで、「自分の目線」を活かす

営業サポートから営業所の風土づくりまで、「自分の目線」を活かす

営業活動における全般的な事務を担当しています。営業担当のサポートを社内的に行うだけでなく、お客様への対応も含まれています。営業所には毎日たくさんの電話やFAXがあり、様々なお客様にそれぞれ異なる問い合わせをいただきます。注文書や見積依頼書の確認や、新しいお取引に繋がるご相談など、お客様からの電話・FAXは一番のビジネスチャンスとなるところで、その窓口になるのが私たちです。だからこそ、どんなに忙しくても電話は第一優先。お客様が求めている以上の対応を目指して、いつも元気に明るく丁寧に電話に出ることを大切にしています。

そうした営業サポートがメインではありますが、私たちにはもう一つ大事な仕事があります。それは、営業所のより良い風土づくりです。「業務は、第二の営業所責任者」とも言われていて、営業所全体を見て気づきを発信することが求められています。何か困っていることはないか、足りない備品はないか、改善できるポイントはないかなど、日々の仕事をしながら気づくことを発信していきます。まだ入社間もない若手の発言であっても、「確かにそうしたほうがいいね」と次の日からすぐに反映してもらえることも多いことにはとても驚いています。年齢やポジションに関係なく全員に同じだけの発言力があるので、気づきを発信することにも積極的に取り組んでいますよ!

「わからないことに出会う」ことが、成長への一歩

「わからないことに出会う」ことが、成長への一歩

まずは営業業務として一人前になることが第一条件だと思います。まだまだ知らないことがたくさんあるので、先輩を一歩一歩追いかけて早く一人前になりたいですね。これは今の私にとっては大きな目標であり、その先の成長に繋がる小さな目標です。

入社当初は自分の仕事に精一杯で目の前のことしか見えていませんでしたが、少しずつ視野を広げられるようになってきました。営業所ではチームワークが重要なので、自分の仕事に集中するだけでなく、まわりの人とのコミュニケーションも大事にすることを意識しています。そうすることで見えるようになったこと、わかるようになったことが増えてきて、何をするにも今すごく楽しいんです。仕事を任せてもらって、その中でできないことに出会って、それを解決して成長できるのが一番のやりがい。だから、初めての仕事やわからないことに出会うことが嬉しいんです。その分悩むこともたくさんありますが、一歩ずつ成長しているのが実感できるのでどんどんチャレンジしていきたいと思います。

徹底したサポートで不安を解消できた!

徹底したサポートで不安を解消できた!

入社前は、すごく厳しい会社だと思っていました。だからそれを覚悟して、やってやるぞという気持ちで入社したのですが、サポート面の手厚さに驚きました。仕事量も多いし、難しい仕事もたくさんありますが、仕事を学ぶ最初の段階からしっかりサポートしてもらえるんです。

業務のメインの仕事である電話対応もその一つ。まずは、なぜ電話対応が大切さなのかという意味から教わり、それを意識して簡単なマニュアルを勉強します。そこから先輩とロールプレイングで練習し、先輩の電話対応をモニタリングして、さらに練習。先輩からのGOサインが出てはじめて、一人で実際の電話対応をやってみる。電話対応一つにしてもここまでの過程があるのがすごいなと思いました。初めは何でも不安に感じるものですが、ここまで徹底してサポートしてもらえると「大丈夫!やってみよう!」という気持ちで取り組めます。挑戦すること自体が楽しくなりますしね。一つひとつ学んで、挑戦して、できるようになっていくことにやりがいを感じています。

MESSAGE

就活生へのメッセージ

就活生へのメッセージ

会社を見て、人に会って、自分との相性を確かめよう!

企業との相性が大事だってよく言われますよね。私もその通りだと思います。実は私、初めはキーエンスとは全然違う業界を受けていました。その業界のイメージに合わせて、ピシッとした自分を演じていました。ちょっと無理してたなと思います。だけど、キーエンスの面接を受けて、初めてありのままの自分でリラックスして受け答えができたんです。自分をつくるのではなく、自分らしく働ける会社がいい!そう思いました。だからみなさんも、業界に捕らわれずたくさんの会社を見ていけば、自分にピッタリあう会社に出会えるはずです。いろいろな人に会って、その会社を感じてほしいなと思います。

ANOTHER MEMBER

その他の社員