KEYENCE

社員の声

Interview

エンジニア職

応えていく。切り拓いていく。

金森 公佑

[ 画像システム事業部・コンサルティングエンジニア 入社3年目 ]

Q1なぜ、キーエンスに?

第一志望は違う会社で、初めのうちはキーエンスに入りたい気持ちは低かったです。でも、若いうちから仕事を任せてもらえる育成環境、また、仕事に対する強い熱意であったり、自社商品に対する高いプライドといった人間臭い部分など、キーエンスの心根を知れば知るほどだんだんと惹かれていきました。入社後に一緒に働くことになる方が面接官で、先に人柄や考え方に触れたことも大きかったです。

Q2いま、どんな仕事を?

一つ目は、大口案件や難易度の高い案件を抱える営業担当の技術サポート。二つ目は、営業活動の質を引き上げる提案ツール作成などの販促業務。三つ目は、開発担当に対する新たな商品開発のサジェスチョン。結構、多岐にわたります。また、営業担当には同行せず、一人でお客様と専門的な話を詰めていくことも。時に、海外の現地法人から依頼を受けて出張することもあります。

Q3仕事は面白い?

お客様から「新たにこんなことを実現したい」という思いに対し、臨機応変な対応力をもって技術的に応えていく仕事です。その多くがこれまでにない画期的なものなので、その業界の新しいトレンドにずっと寄り添っていく面白さがあります。また、そこで生まれた技術が将来の売上に繋がったり、新たな市場を切り開くきっかけにもなります。様々な意味で、開拓者ですね。

Q4将来の夢は?

入社時の目標は、国内と海外を飛び回るビジネスパーソンになることでしたが、それは叶えました。今は、コンサルティングエンジニアの仕事に携わっているうちに、もっと開発寄りの業務に就けないか、具体的には「キーエンスは今、こんな商品をつくるべき」という商品企画を手掛ける人材になりたいと思うようになりました。できれば1年後か、2年後。がんばります。

サーフィンを始めたのは入社する少し前。波に自分自身を合わせていく感覚が面白くてハマりました。行くのはほぼ毎週、少ない時でも月1回は神奈川や千葉の海に行きます。