KEYENCE

社員の声

Interview

エンジニア職

大学時代とは違う自分がいる。

押田 悠輝

[ 生産技術部・生産技術 入社4年目 ]

Q1なぜ、キーエンスに?

最初は「世の中にないモノをつくりたい」と“商品開発”志望。ただ、キーエンスの面接を受けていくうちに自分がやりたいのは「付加価値」を与える仕事だと気づきました。それが私にとって“生産技術”という職種だったんです。また、就職活動の時期に出会ったキーエンスの社員は仕事を楽しんでいる魅力的な人ばかり。そして、多種多様な商品に触れる仕事だということも決め手になりました。

Q2いま、どんな仕事を?

キーエンスはファブレス、自社で工場を持ちません。私の主な仕事は、国内外の協力工場とタッグを組み、「部品を受け入れ」「生産し」「箱に詰める」までを、ライン設計から構築していくこと。2年目に自分がメインでライン設計を担当してから、これまでに4つのラインを立ち上げました。また、自分で情報収集して工場を探しだし、交渉を重ねて商品生産を立ち上げるという“一大事業”をひとりで実現しました。そのほかにも構成部品を担当して受け持ち、どうすれば今以上に品質・効率・生産性を高められるか、常に考えています。

Q3仕事は面白い?

自分で考え実行したことのすべてが結果として表れる仕事です。努力すればするほど還ってくるものが大きい。もちろん、失敗もあります。でも、最初は先輩がOJTで見守ってくれます。すぐになんでも教えるという育成方針ではなく、失敗が経験になる、自分で答えに辿り着くことが力になるという考え方。そこからまた深堀りして教えてくれます。大学時代の自分とは別人になったと思うほど、今、成長を実感しています。

Q4将来の夢は?

多くの社員や様々な工場をとりまとめるリーダー、さらにはそのリーダーをまとめる責任者になるのが目標です。そして、国内外問わずグローバルに活躍し、生産規模の拡張を通じてキーエンスに貢献していきたいと考えています。今はそのための経験を積み、ノウハウを蓄積するとき。3年目にキーエンスと取引を始めたばかりの国内協力工場を担当。4年目には海外の工場も担当しました。今後は新規の協力工場との取引を成功させるなかで、さらにスキルアップしていきたいと思います。

今、夢中になっているのがボクシング。競技というより、身体を動かすことが好きで、入社してから始めたエクササイズです。ジムに行くのが楽しみです。